葛飾区で分譲住宅の購入を決断するなら

東京都内有数のアクセス良さ、住みやすさを誇る葛飾区に分譲住宅を購入するなら、覚えておくと良いことが多数あるので紹介します。
そもそも分譲住宅を購入するには、審査を行ったり、いくつかの契約を結ぶ必要があります。それぞれのスケジュール、必要書類を事前に準備しておくと余裕をもって葛飾区にマイホームを購入できるのです。

納得の葛飾区の分譲住宅について悩んでいませんか。

では、どの段階でどの書類が必要かを紹介します。
一般的に葛飾区の分譲住宅をオープンハウスなどの見学会で見て、その後購入を決めます。
不動産の売買契約を結ぶ前に、支払い能力があるか、住宅ローンを組めるかの事前審査を行います。
事前審査の際には必要なものはありません。
必要事項(年収や勤続年数、家族構成等)を記入し、審査を流すだけになります。



ちなみに、不動産仲介業者によってはこの段階で預かり金を支払うケースもあります。



その後仮審査が通って購入の意思があるのなら、売買契約を結びます。

分譲住宅の売買契約は自分と売主の契約になり、一般的には建設会社や工務店などになります。

ここでは書類は必要ないですが、実印、手付け金が必要となります。
その後銀行に住宅ローンの本審査を流す為に、「印鑑証明、源泉徴収表」が必要となります。


その後住所変更なども必要となりますが、取り急ぎ大切なのは、実印の準備、印鑑証明、源泉徴収表くらいは準備しておくと良いでしょう。

普段仕事で役所などに行くのが難しいのなら、あらかじめ取得しておくのもひとつの方法と言えます。